道具、グッズ

2010年5月24日 (月)

ショックな出来事

ショックな出来事
ショックな出来事
ショックな出来事
ショックな出来事

先日発表された日立製作所のバイオ式生ゴミ処理機のリコールは衝撃でした。発火、発煙の危険性があるので、乾燥式に交換しかないという事なのです。私の愛用しているのは該当品ですので、交換に応じなければなりません(T-T)。しかも、既に他社でもバイオ式は製造していないという事で、途方に暮れています。乾燥式はただ単に生ゴミを乾燥するだけ。仕事で出る煮干しの頭と、近くのケーキ屋さんで分けていただくコーヒー滓、自宅で出る生ゴミを合わせて、肥料分たっぷりの堆肥を毎日のように作ってくれてたのに、担当の方はすぐに使用を中止して、コンセントを抜くようにと言うのです。これからどうすればいいのでしょうか…!?もちろん、山の菜園には2つ、もう一つの菜園にも1つ、コンポストは使っていますが、堆肥として使えるようになるには時間がかかる(1〜2年くらい)ので、効率は悪いのですよね…。しかも、イタチかテンかハクビシンか分かりませんが、掘り返して荒らしに来るのです。一昨日も、処理機で出来た堆肥の袋を荒らされたばかりです。生ゴミ処理機の堆肥も、すぐ施用出来る訳ではなく、土と馴染ませて3ヶ月くらいかかるし、必ず土を被せなければ害虫が発生するのですが、それでも、質のいい自家製堆肥が得られるのは貴重です。うーん、どうしよう!!
淋しい話題なので景気づけに自宅で咲いたボタンの花を。手入れもしてないのに咲いてくれてありがとう!今から植え替えるからね。これまた自宅の花です。今はチューリップが終わり、撫子やパンジー、スイートピーなどが咲き誇っています。もうすぐ大好きなクレマチス(篭口かな?)が咲きそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

愛するロマネスコ☆

愛するロマネスコ☆

私の愛するロマネスコ、積雪でダメになっているかな〜と思っていましたが、幾つかは大丈夫なようです。蕾の中に黒いものが出来てしまっていますが、それでも全滅よりはマシです。もっとしっかり防寒対策をしておくべきでしたね。いつものように見通しの甘い自分を反省です。でも、ちゃんと実ってくれた事に感謝です。収穫する時には、自然と感謝の言葉が出てきます。
 
一年が過ぎようとしている今になってやっと支柱置き場を組み立てました。簡単なものです。太目の支柱を組み合わせて、他の支柱を乗せられるようにしてみたのです。これで汚れにくくなりますが、百円均一の商品を駆使しているので、強度に不安があります。まぁ、全体にゴチャゴチャしている私の菜園が、少しでも片付けばよしとしましょう(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

バイオポスト到着

バイオポスト到着

秋冬野菜の植え付けの為にバイオポスト3袋を購入しました。ヴァラリス商会という会社が販売している、フランスの、葡萄から作られた堆肥です。何でも一般的な堆肥の30倍の効果があるそうです。また、事前に土に混ぜ込んでおかなくてもよく、いきなり植え付けに使ってもいいそうです。ヴァラリス商会の花の会に入会すると、1割引で買えるというので、入会しましたが、入会特典でフランス、カイヤール社のラディシュの種とピンクの色々な花の種が入っていました。嬉しいな♪
無農薬、無化学肥料のたねの店、たねの森に注文しておいた種6袋も届きました。紫アーティチョーク、長莢の空豆、玉葱、六条大麦、エキナセア、ヘアリーベッチの6つです。写りは悪いですが、茶色い袋がたねの森の分、下の紅白のラディシュのと小さい花の袋がヴァラリス商会のプレゼントです。
「やさい畑」という家庭菜園雑誌の編集部から、読者のお便りの欄に掲載したいと電話がありました。懸賞に応募したファクスに書いた内容についてですが、散々喋って電話を切った後で、懸賞の事には触れなかったと気がつきました。ガーン!ホンダ・ピアンタ欲しいな〜(T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

ブリキのジョウロ

ブリキのジョウロ

やっと手に入れたブリキのジョウロですが、いつまでたっても梅雨が明けないので、使う機会がありません。人参の種まきの時に無理やり使いましたが、水やりの直後に雨が降って来ました(T^T)
プラスチックのは畑に置いておくと割れてしまうんです。その上、冬の間にカエルがジョウロの中に住み着いたりして、びっくりしたりします。結構予想外の事がかなりの頻度で起こるのが、自然の面白い所です。
ソルゴーには次々に穂がついてきましたが、バッタも大量発生しています。夕方撮影したので金色に見えます。駆除するつもりはありませんがちょっと困ったなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)