書籍・雑誌

2010年3月 6日 (土)

いただきものの種

いただきものの種

菜園仲間のTさんから、野菜の種をいただきました。コールラビの緑色と紫色、ルバーブ、ツタンカーメン豌豆、ピクルス胡瓜、グリンピース、それに、だらいもという、誰でも出来る長芋の種いもをいただきました。だらとは、北陸で馬鹿を意味していて、要するに誰でも出来る長芋という事ですね。
たねの森から届いた種もありますので、今年も余るくらいの種をどうするかが課題です。マメに種蒔きすればいいだけですけどね…。たねの森からは、菜園手帳なるものも購入しました。月の満ち欠けから種の蒔き時まで載っているので、利用価値が高そうです。もう一つ、書店でなかなかお目にかかれない「自然農の手引き」も、やっと購入出来ました。嬉しいな♪
 
他に最近購入した書籍です。「和歴と暮らそう」は、野鳥の会通販で買いました。野鳥の会会長の柳生博さんの著書です。「趣味の園芸ビギナーズ&やさいの時間」は、じゃがいも特集をしていたので買いました。新しい品種が沢山紹介されていて、とても参考になります。色々見ていると、どんどんやる気が出てくるような気がします。頑張るぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

愛読書(≧▽≦)

愛読書(≧▽≦)

今日は貴重な晴天にも拘わらず、菜園には行けませんでした(^^;; これから寒くなると、春からの菜園計画を立てたり、カタログを見て注文したり、勉強したりしないといけません。そんな私の愛読書を紹介させていただきます。
まずは尊敬する有機農家の金子美登(かねこよしのり)さんの「絵とき 金子さんちの有機家庭菜園」「はじめての家庭菜園」。伝統野菜の種採りを普及させている、岩崎政利さんの「岩崎さんちの種子採り家庭菜園」。東大出の農学博士、木嶋利男先生の「プロに教わる家庭菜園の裏ワザ」「農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ」などなど。折に触れて読み返します。そして、家庭菜園雑誌の「やさい畑」「野菜だより」「野菜の達人」、サカタのタネの通販カタログ「家庭園芸」、農家の為の情報誌「野菜特集」、同じくタキイ種苗の「タキイ最前線」、農友TさんにいただいたThompson&Morganの通販カタログなど。他にも、書店に行くとついつい買ってしまうので、園芸関係の本だけで相当あります。なかなか収拾がつきません(^^;)しかも、その都度見直したいので、すぐ出せるようにしまいたいし。こうして並べて見ると改めて道のりは遠いな〜。お薦めの本はまだ沢山あるので、これからも紹介していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)