« シェリー初収穫 | トップページ | キャベツの複数回収穫 »

2010年7月 6日 (火)

炎天下で定植作業

炎天下で定植作業
炎天下で定植作業

今日は暑かった!その暑いさなか、お昼をまたいで3時間以上畑仕事をしていてぐったりです。でも貴重な休みなので無駄には出来ません。
T中さんからいただいた苗を植え付けなければ…。ずーっとタイミングが合わずに、家の前で徒長してしまっています。T中さんごめんなさい!!
 
今日は、自宅近くのもう一つの菜園で作業していました。
まず、取り残していた紫玉葱を全部収穫。ペコロスみたいのばかりです。ま、しょうがないか。
次に、トマトの苗を、玉葱の跡地に定植。先に収穫したもう一つの紫玉葱の畝にもそのまま7本トマトが植わっています。今回も同じように寝かせて植えつけ。最近の私のやり方は、植え穴にソフトシリカとツインガード(出光興産製)というのを少しだけ投入して、その上に肥料を一握り。土が痩せている場合は、その上にまたバイオポストを投入して、液肥で水分補給して定植しています。
ソフトシリカは、珪酸塩白土で、根腐れ防止の効果があるそうです。
ツインガードは、根圏微生物が増えるとうたってあるので、乳酸菌とかの類かな?ラクトヒロックスと同じように使っています。
肥料は、タキイのバイオコダルマか、バッチリ(ゴールド興産)。どちらも使い易いです。
バイオポストは、フランスのぶどう滓から作った堆肥で、高価ですが、使い勝手が良く、定着率が高い気がします。とにかく、良さそうなものは何でも使いたい。藁にもすがる気持ちで、手をかけられない部分をカバーしてもらおうという、いわば下心ですね。ともあれ、これらに、液肥も施すのですから、かなり成功します。
液肥も有機のものを使えば、完全有機栽培ですが、液肥だけは花工場の安売りのを使っています。数年前に安かったので、大量購入しました。充分効果があります。
 
これらを武器に、先述のトマト7株、ブロッコリー5株、麦6株、メリクロン苗が伸びてたので紫サツマイモを2株植えつけたのでした。
また、草をむしってコンポストに入れ、米糠を被せる作業もやりました。米糠が古くなって、虫が湧いてしまっているので焦ります。どうしよう(汗)
ドクダミが茂っていたので、引っこ抜いて干して、ドクダミ茶にしようと思っていましたが、菜園に忘れてしまいました。
最初の画像は、山の菜園の玉葱と赤い坊ちゃん。しばらく行ってないので、どうなってるか心配です。

|

« シェリー初収穫 | トップページ | キャベツの複数回収穫 »

種まき、植え付け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炎天下で定植作業:

« シェリー初収穫 | トップページ | キャベツの複数回収穫 »